診療のご案内 自由が丘MCクリニック03−3717−3514 <クリニックへの道順> 当院は完全予約制です。 性同一性障害の方のために治療をしております。 院長/医学博士 大谷 伸久メール相談も受付けています。 clinic☆dr-otani.com (☆を@に置き換えてください)

2016年03月02日

LGBTによる就職支援セミナー

当院に来ていただいている当事者で、現在就活されている方が何人かいます。
「面接時に自分がGID(性同一性障害)といった方がよいのだろうか?」と
カミングアウトすべきなのか相談をよく受けます。

その会社がGIDに理解がある幹部であれば大丈夫だろうけど、なんかよくわからないから採用はやめておこう、
なんてあるのかもしれません。

実際にぼくもわかりません。。。
会社が理解しているかどうかのみにつきるでしょう。

そんなことから、このようなセミナーを教えてもらいました。

LGBT当事者が開催する「就職支援セミナー」

働ける企業でなく、働きたい企業に挑戦する
勇気とポテンシャルという、武器を持ち帰りませんか?というコンセプトです。

ご興味ある方は下記まで連絡するとよいでしょう。

日程:2016年3月11日(金)
時間:会社説明13~15時
セミナー:16〜18時(自己分析、業界研究など)
会場:浜松町駅付近

日程:2016年3月17日(金)
時間:会社説明13~15時
セミナー:16〜18時(自己分析、業界研究など)
会場:浜松町駅付近

主催:LGBT-JAPAN


・・・・・
いつも読んでいただいてありがとうございます。

ぜひ、クリックもお願いします!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害へ





posted by 整形美人 at 07:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 性同一性障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月04日

MTFの女性トイレ禁止は差別!裁判所へ提訴

「性同一性障害の診断が出ていても、戸籍上の性別が男性である限り、女性のトイレは使ってはならない。そして、使いたければ、異動ごとに職場に自分が性同一性障害と公表するように」と、経済産業省がこのような提示をしてきたという。

今まででに、GIDの職場での処遇に関しての判例がなく、訴訟は初めてだという。
戸籍を変えてからの解雇は不当というのは、認めれていますよね。

経産省の説明
女性の服装、休憩室の使用は認めているが、女性トイレの使用は禁止。
1)労働安全衛生法の省令で男女別のトイレ設置が定められている。
2)女性職員の了解が不可欠だが、数人から抵抗感があるとの声がある。

当職員は、人事院に処遇の改善を求めたが認められず、訴訟に踏み切ったようです。

この問題は文科省だと処遇は変わったのでしょう。
文科省は、今年も小中高での性同一性障害(GID)の環境を配慮するようにと全国の学校に通達しています。

学生は認めれていて、社会人になったらダメということですから、どう考えても国の考えが矛盾してしまいます。
判決はまだ先でしょうけど、結果は時代の流れからしても当事者の勝訴でしょう。
ただ、ご本人も辛いかと思います。頑張ってほしいですね。

アメリカなんかは、男女別のトイレを廃止する流れもあるようです。

・・・・・
いつも読んでいただいてありがとうございます。

ぜひ、クリックもお願いします!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害へ





posted by 整形美人 at 00:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 性同一性障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月31日

男装の女王が国を治めた時代

上野の東京国立博物館でおこなっていた、「クレオパトラとエジプトの王妃展」に先日行ってきた。

「権力を持った王妃たち」と題するブースでは、クレオパトラが主役なのだが、
仕事からか?「男装の女王」と呼ばれていたハトシェプストの彫像も印象的だった。
ハトシェプス王妃.jpg

この彫像は、男装の女王とも呼ばれる以前の彼女の姿を伝えるものとされ、
可憐で美しい女性として表現され、王妃の頃のものだとされている。

男装の女王!
IMG_1275.JPG

彼女の夫が亡くなった後に、王妃から女王になり国を治めたとされるのだが、
本来、ファラオは男性しかなれない。女性のファラオが登場した特別な時代背景があった。

王となったハトシェプトは、権威を高めようとして、
ひげをつけ男性の格好をしていたとされる。


ジャンヌ・ダルクも男装をしていたとされるが、
この話は、別の機会にまたしようと思う。
ハトシェプス女王.jpg

女王になったのちには、王妃の雰囲気から一転して、男の像となっている。

女性を象徴する乳房のふくらみをさらしみたいなもので隠していたのだろうか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いつも読んでいただいてありがとうございます。

ぜひ、クリックもお願いします!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害へ

人気ブログランキングへ







ラベル:男装
posted by 整形美人 at 02:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 性同一性障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする