診療のご案内 自由が丘MCクリニック03−3717−3514 <クリニックへの道順> 当院は完全予約制です。 性同一性障害の方のために治療をしております。 院長/医学博士 大谷 伸久メール相談も受付けています。 clinic☆dr-otani.com (☆を@に置き換えてください)

2010年02月06日

戸籍変更の際の遺伝子検査

性染色体遺伝子

染色体異常
戸籍変更の際に、診断書(厚生労働省が推奨する診断書書式)に半陰陽などの身体的障害がないなどの条件にありますので、性染色体検査が必須になります。

診断書の具体的な記載欄は、下記です。

/////////////////////////////////////////////////////////////
生物学的な性別   ( 男 ・ 女 )
〔判定の根拠(検査所見,説明など)〕

(2) 染色体検査:

  検査した年月日    年  月  日
診断した医師の氏名                            
  所属機関名          診療科            
  出   典     
/////////////////////////////////////////////////////////////

なぜ、遺伝子検査なんてしないといけないのでしょう?
それは見た目だけでは判断ができないからです。
男か女かというのは実際のところ見た目だけではわからないんですね。
一時期話題になったのが、オリンピック選手で女性として参加して、優勝した人がいました。「男」疑惑があったので、遺伝子検査をしたようです。この検査と同じものです。

女性は、46+XX
男性は、46+XY

診断書とは、あまり関係がありませんが、
染色体異常に以下のようなものがあります。
今後あらためて簡単に説明したいと思います。

A.性染色体異常
B.真性半陰陽
C. 女性仮性半陰陽
D. 男性仮性半陰陽
E. 混合性性腺異形成症
F. 性腺異形成症

男性であれば、46+XY
女性であれば、46+XX

になります。

検査は、血液検査で行うことができます。

わからないことはご相談をしてくださいね。
otani☆jiyugaoka-mc.net (☆→@に変えてください)
来院時と帰る時、少し気持ちが変わっているように、
行ってよかったと思われるように・・・

いつも読んでいただいてありがとうございます。
ぜひ、クリックお願いします!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害へ
人気ブログランキングへ

時間がありましたら、
美容整形医裏窓日記も読んでくださいね。
posted by 整形美人 at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 性染色体遺伝子について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする