診療のご案内 自由が丘MCクリニック03−3717−3514 <クリニックへの道順> 当院は完全予約制です。 性同一性障害の方のために治療をしております。 院長/医学博士 大谷 伸久メール相談も受付けています。 clinic☆dr-otani.com (☆を@に置き換えてください)

2016年12月10日

性同一性障害の性別変更にはどのくらい時間がかかる?

この手の質問も多く受けますが、その家庭裁判所によりますし、同じ裁判所内でも担当する裁判官が違うためケースバイ・ケースです。


当院に来ている方々の申請を見ていての一般的なことを記載しておきます。


性同一性障害gidの性別変更は、「性同一性障害の性別の取り扱いの特例に関する法律」を基に行われます。必要な書類で一番大切なのは、診断書になります。


この診断書は、2名の医師の署名があるもので、以前にもらっている簡単な様式の診断とは違います。たまに、1枚のペラの診断書を裁判所に提出する方がいますが注意しましょう。


さて、家庭裁判所に提出してからですが、申請(申し立て)後、約1〜2週間で呼び出され、裁判官による審査がされます。
東京家庭裁判所.jpg
東京家庭裁判所


許可が下りるのは、家庭裁判所次第ですが、その日に許可がおりる場合もあるし、1〜3週後、場合によっては、呼び出しなく許可が下りる場合もあります。


傾向的には、性同一性障害gidの性別変更の手続きをあまりしたことがない家庭裁判所は不慣れなためか時間がかかることが多いようです。その点、gidの申請を多くしている首都圏は早い傾向にあります。


診断書、その他の書類に不備があると再提出や追加書類の提出を求められます。そもそも戸籍変更の要件を満たしていない場合は、却下されてしまいます。


なにか手続きに困ったことがあれば、お知らせください。

・・・・・
いつも読んでいただいてありがとうございます。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害へ

posted by 整形美人 at 12:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 性同一性障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック