診療のご案内 自由が丘MCクリニック03−3717−3514 <クリニックへの道順> 当院は完全予約制です。 性同一性障害の方のために治療をしております。 院長/医学博士 大谷 伸久メール相談も受付けています。 clinic☆dr-otani.com (☆を@に置き換えてください)

2016年06月30日

LGBTで票取り!?

参議院選挙が7月10日に投開票されます。
各政党が実現できるかどうかは別にして、身近なテーマの政策を公約に盛り込んでいます。

その中でも、社民党は、同性婚の実現を公約にしています。
元社民党の衆議院議員だった東京都世田谷区長が25年11月にLGBTに配慮し、同性婚カップルのパートナー宣誓制度を創設しました。

憲法は、婚姻を同性の合意と定めていますが、社民党の解釈として、両性とは、「2人」という意味に解釈し、憲法は同性婚を否定していない、として改憲は不要だといいます。
ちなみに、婚姻に関しては、憲法24条にあります。

憲法24条
婚姻は、両性の合意のみに基いて成立し、夫婦が同等の権利を有することを基本として、相互の協力により、維持されなければならない。

確かに、具体的に男、女とは記載ないし、どちらでもよいと解釈できそうですね。
法律の条文って、、いかにも解釈ができるような条文もあり、その時代によって解釈の仕方が変わるというのも意外にありなのかもしれません。

LGBTの票取りだけに話題を取り、選挙後は実現できない・・・。なんてこともあるでしょう。それでも、有権者はこのような隠れた公約を投票の参考にしてみてもよいのでしょう。LGBTと言っても、トランスジェンダー、GIDの人にはあまり関係ない公約ですね。

※当ブログは、社民党を推すものではありませんし、政治的意図は一切ありません。

・・・・・
いつも読んでいただいてありがとうございます。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害へ






posted by 整形美人 at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 性同一性障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック