診療のご案内 自由が丘MCクリニック03−3717−3514 <クリニックへの道順> 当院は完全予約制です。 性同一性障害の方のために治療をしております。 院長/医学博士 大谷 伸久メール相談も受付けています。 clinic☆dr-otani.com (☆を@に置き換えてください)

2015年08月15日

自分の性別に違和感を持つ性同一性障害GIDの児童・生徒について

<文部科学省の具体的な対策>

性同一性障害GIDに係る児童生徒に対するきめ細かな対応の実施等について
文部科学省の調査で、全国少なくとも600人余りの児童・生徒が性同一性障害GIDであることが分かり、文科省が小中学校や高校などに向け、具体的な対策を指示をしている

通知の概要は、
・学校内外にサポートチームをつくり対応する。
・学校の支援は医療機関や保護者と連携して進める
・画一的にではなく、一人一人の状況に応じた取り組みを進める
・性的マイノリティーとされる児童生徒の悩みや不安も同様に受け止める


児童生徒に対する学校の配慮事項

・服装:自認する性別の制服や体操着の着用を認める。
 
性別通りの服装などに抵抗があるため、例えば男子生徒がスカートをはく
・髪型:戸籍上男性の児童生徒に、標準より長い髪形を認める。
・トイレ:職員トイレや多目的トイレの利用を認める
・呼称の工夫:通知表などを児童生徒が希望する呼称で表す。

・授業:体育、保健体育で別メニューを設定する。

・水泳:戸籍上男性の児童生徒に、上半身が隠れる水着の着用を認める。

・修学旅行など:1人部屋の使用を認め、入浴時間をずらす。

 
 
 専門の医師などを交え、学校の内外で組織的に対応する体制が重要だとする
文科省の担当者は「教師が
性同一性障害にかずに揶揄しているケースもあり、
まずは
教育者を筆頭に適切な理解を徹底させたい」としている



・・・・・
いつも読んでいただいてありがとうございます。

ぜひ、クリックもお願いします!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害へ






posted by 整形美人 at 16:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 性同一性障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/424214011

この記事へのトラックバック