診療のご案内 自由が丘MCクリニック03−3717−3514 <クリニックへの道順> 当院は完全予約制です。 性同一性障害の方のために治療をしております。 院長/医学博士 大谷 伸久メール相談も受付けています。 clinic☆dr-otani.com (☆を@に置き換えてください)

2012年09月09日

手術前に喫煙が悪い理由は?

胸オペ含め、基本的に手術するときには、術前に禁煙させます。

なぜ禁煙した方がいいのでしょうか?

手術中に一番大切なのは、呼吸の管理です。
=気道を確保することです。
肺から口までの空気の通路を確保しないと息ができませんよね。
息ができないと生きていけません。

なんで、タバコと呼吸?

普段、痰はどこから出てくると思いますか?
⇒気道から分泌されます。

タバコを吸っている人は、この痰が多く分泌されます。
それも、粘調度(ねばねば)が増えて、気道も過敏になります。
手術中も例外なく痰がタバコを吸っていない人より多くでるのです。
多く出ると、当然換気が悪くなります。

肥満の方は、普段より呼吸がしにくい上にタバコを吸う習慣があると、
なおさら手術中は換気がしにくい状態になってしまいます。

さらに、もう1つ重要なこともあります。
次回で。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
いつも読んでいただいてありがとうございます。
ぜひ、クリックもお願いします!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害へ
人気ブログランキングへ


Twitter
posted by 整形美人 at 11:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 性同一性障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック