診療のご案内 自由が丘MCクリニック03−3717−3514 <クリニックへの道順> 当院は完全予約制です。 性同一性障害の方のために治療をしております。 院長/医学博士 大谷 伸久メール相談も受付けています。 clinic☆dr-otani.com (☆を@に置き換えてください)

2012年08月05日

FTM 男性ホルモンの適正値 その1

男性ホルモンは、
125rの場合は、2週間に1回。
250rの場合は、3,4週に1回注射しているひとが多いかと思います。

なぜ、この週なのででしょう?
なんとなく、打っているわけではなく一応根拠があってです。

性同一性障害に対する別性に対してのホルモン治療のデータは、
大規模な追跡調査など国内でも行っていません。

通常、国内で、ある病気に対して使うクスリというのは、
どのような副作用があるかなどを調査した結果、
厚生労働省に認可されます。

男性ホルモン自体は、男性に対して適応が認められていますが、
女性に対しては、普通では男性ホルモンを打つということはまず考えられません。

男性に対しての注射する頻度というのは、ある程度決まっています。
その頻度に似た感じで、男性ホルモンを打っていくと言うのが基本になります。

続く。。。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
いつも読んでいただいてありがとうございます。
ぜひ、クリックもお願いします!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害へ
人気ブログランキングへ
posted by 整形美人 at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ホルモン治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック