診療のご案内 自由が丘MCクリニック03−3717−3514 <クリニックへの道順> 当院は完全予約制です。 性同一性障害の方のために治療をしております。 院長/医学博士 大谷 伸久メール相談も受付けています。 clinic☆dr-otani.com (☆を@に置き換えてください)

2010年10月25日

声の男性化 〜FTMを中心に〜

FTMの方に男性ホルモンを注射していくと男性化していくのは当たり前なのですが、
その中の1つに、「男声化」というものもあります。

もちろん男性ホルモンを打っているかたは経験済みだとは思います。
少しお話しておきましょう。

<男声化する理由>
FTMに男性ホルモンを注射すると声帯が伸びて、厚みが増加します。
打ち始めから早いと3ヶ月以降に変化していきます。
話し声が約1オクターブ低くなり、2音半ぐらい低くなるひともいます。
声帯の厚みが増加してくる間、ふつうでものどのあたりが違和感、イガイガしたり、声がかすれたりします。

声の違和感はほとんどの方が経験することでしょう。

また、いったん男声化した場合は、男性ホルモンを止めても女性のように声のピッチを上げることは難しいとされています。(元に戻りにくい)

元に戻したいという人は今までいませんが。。。

いつも読んでいただいてありがとうございます。
ぜひ、クリックもお願いします!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害へ
人気ブログランキングへ
posted by 整形美人 at 16:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ホルモン治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/167131520

この記事へのトラックバック