診療のご案内 自由が丘MCクリニック03−3717−3514 <クリニックへの道順> 当院は完全予約制です。 性同一性障害の方のために治療をしております。 院長/医学博士 大谷 伸久メール相談も受付けています。 clinic☆dr-otani.com (☆を@に置き換えてください)

2010年01月31日

血栓症とは?

血栓症とは?

血栓症は、ホルモンの副作用で一番怖いです。
血栓症とは、ご存知かもしれませんが血管内に小さい血の塊がくっついてしまうこと、もしくは、その固まりが血管をふさいでしまうものです。

一般的に血栓症のリスク(肥満や喫煙、既往)もちろん、ホルモン関連の腫瘍のかたは要注意です。
症状としては、ふくらはぎなどの痛み、むくみなどは典型的です。小梗塞だとしびれ、脱力かな。

でも、肺塞栓(肺の静脈が詰まる)も少しあるしドカンとくると生命にもかかわるからこわいです。

治療を始めてから1〜2か月に起こりやすいとされています。
これから始める方、特にこの時期は気をつけましょう。
治療は、まず、やめてひどかったら抗血栓療法です。

わからないことはご相談をしてください。
otani☆jiyugaoka-mc.net (☆→@に変えてください)
来院時と帰る時、少し気持ちが変わっているように、
行ってよかったと思われるように・・・

いつも読んでいただいてありがとうございます。
ぜひ、クリックお願いします!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害へ
人気ブログランキングへ

時間がありましたら、
美容整形医裏窓日記も読んでください。
posted by 整形美人 at 08:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ホルモン治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック