診療のご案内 自由が丘MCクリニック03−3717−3514 <クリニックへの道順> 当院は完全予約制です。 性同一性障害の方のために治療をしております。 院長/医学博士 大谷 伸久メール相談も受付けています。 clinic☆dr-otani.com (☆を@に置き換えてください)

2010年01月24日

乳腺摘出時のドレーンとは?

胸オペ(乳腺摘出)するときに、「ドレーン」というものを手術終了後に入れます。

ドレーンとはなんでしょう?
s-082.jpg
乳房の下のほうに入れます。なんか痛そうですよね・・・
多少違和感はありますが、痛くてしょうがないという感じではないので、ご心配なく。


よく質問されることなので、簡単に説明しましょう。

胸オペ・乳腺摘出したときに、乳線があった場所に少なからず血が溜まります。
術後に圧迫してもです。

血がたまるデメリットとして、

☆空間に血がたまってしまうとくっつきが悪くなる。
☆感染を起こしやすくなる。

ドレーンは、この空間にたまらないようにするために血液を強制的にそとに排出するためのチューブです。

最低24時間入れていただくと安心です。

当院では、遠方の方は手術翌日に、問題がなければ抜いています。

◎その他心配なことなど、いつでも遠慮なくご相談ください。
連絡先03-3717-3514
電話がイヤな方は、メールでどうぞ。
clinic☆dr-otani.com(申し訳ありませんが、☆を@にかえてください)
もちろんFAXもOKです。03-3717-3511(FAX専用)
筆談もOKです。


美容整形医裏窓日記

いつも読んでいただいてありがとうございます。
ぜひ、クリックお願いします!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害へ
人気ブログランキングへ

posted by 整形美人 at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 乳房切除 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック