診療のご案内 自由が丘MCクリニック03−3717−3514 <クリニックへの道順> 当院は完全予約制です。 性同一性障害の方のために治療をしております。 院長/医学博士 大谷 伸久メール相談も受付けています。 clinic☆dr-otani.com (☆を@に置き換えてください)

2009年02月11日

戸籍(性の変更)変更の要件

戸籍(性の変更)変更の要件 

今回は項目2の要件についてです。

1.二人以上の医師により,性同一性障害であることが診断されていること
2.20歳以上であること
3.現に婚姻をしていないこと
4.現に未成年の子がいないこと
5.生殖腺がないこと又は生殖腺の機能を永続的に欠く状態にあること
6.他の性別の性器の部分に近似する外観を備えていること


 20歳以上。そのままですね。
これは、申請するときの年齢であって、この年になるまで治療をしてはいけないという意味ではありません。
申請段階で、すべて終了していてもいいわけです。

 当然、未成年でも親の承諾があれば、ホルモンの治療もできるし、性転換(SRS)の手術もできるということです。
※性転換手術(SRS)は海外において20歳以上が望ましいとされているところが多いです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害へ
posted by 整形美人 at 14:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 性同一性障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/114048999

この記事へのトラックバック