診療のご案内 自由が丘MCクリニック03−3717−3514 <クリニックへの道順> 当院は完全予約制です。 性同一性障害の方のために治療をしております。 院長/医学博士 大谷 伸久メール相談も受付けています。 clinic☆dr-otani.com (☆を@に置き換えてください)

2009年02月08日

戸籍変更(名の変更)要件1

戸籍(性の変更)変更の要件

今回は項目1の要件についてです。

1.二人以上の医師により,性同一性障害であることが診断されていること
2.20歳以上であること
3.現に婚姻をしていないこと
4.現に未成年の子がいないこと
5.生殖腺がないこと又は生殖腺の機能を永続的に欠く状態にあること
6.他の性別の性器の部分に近似する外観を備えていること

1についての解釈
※性同一性障害者とは,法により「生物学的には性別が明らかであるにもかかわらず,心理的にはそれとは別の性別であるとの持続的な確信を持ち,かつ,自己を身体的及び社会的に他の性別に適合させようとする意思を有する者」とされています。

※性同一性障害の診断は、家庭裁判所に提出する書類上の精神科医の署名入りの診断のことです。⇒厚生労働省の参考様式です。
ここでいう診断書というのは、SRSを受ける前の診断書とは違います。
勘違いをされている方も多いのですが、SRSを受ける上での必要とされる書類は、裁判所に提出する公の書類ではなく、別の書類になります。
※「二人以上の医師」とは、精神科医か否かは実際のところわからないかもしれませんが、常識的には精神科医が行うものです。
posted by 整形美人 at 20:39| Comment(1) | TrackBack(0) | 性同一性障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
その子が幽霊だったとしたら、支払われてた給料はどーなってたんだろう?
Posted by 中田ヤスタカ 機材 at 2013年06月16日 09:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック