診療のご案内 自由が丘MCクリニック03−3717−3514 <クリニックへの道順> 当院は完全予約制です。 性同一性障害の方のために治療をしております。 院長/医学博士 大谷 伸久メール相談も受付けています。 clinic☆dr-otani.com (☆を@に置き換えてください)

2015年11月04日

MTFの女性トイレ禁止は差別!裁判所へ提訴

「性同一性障害の診断が出ていても、戸籍上の性別が男性である限り、女性のトイレは使ってはならない。そして、使いたければ、異動ごとに職場に自分が性同一性障害と公表するように」と、経済産業省がこのような提示をしてきたという。

今まででに、GIDの職場での処遇に関しての判例がなく、訴訟は初めてだという。
戸籍を変えてからの解雇は不当というのは、認めれていますよね。

経産省の説明
女性の服装、休憩室の使用は認めているが、女性トイレの使用は禁止。
1)労働安全衛生法の省令で男女別のトイレ設置が定められている。
2)女性職員の了解が不可欠だが、数人から抵抗感があるとの声がある。

当職員は、人事院に処遇の改善を求めたが認められず、訴訟に踏み切ったようです。

この問題は文科省だと処遇は変わったのでしょう。
文科省は、今年も小中高での性同一性障害(GID)の環境を配慮するようにと全国の学校に通達しています。

学生は認めれていて、社会人になったらダメということですから、どう考えても国の考えが矛盾してしまいます。
判決はまだ先でしょうけど、結果は時代の流れからしても当事者の勝訴でしょう。
ただ、ご本人も辛いかと思います。頑張ってほしいですね。

アメリカなんかは、男女別のトイレを廃止する流れもあるようです。

・・・・・
いつも読んでいただいてありがとうございます。

ぜひ、クリックもお願いします!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害へ





posted by 整形美人 at 00:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 性同一性障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする