診療のご案内 自由が丘MCクリニック03−3717−3514 <クリニックへの道順> 当院は完全予約制です。 性同一性障害の方のために治療をしております。 院長/医学博士 大谷 伸久メール相談も受付けています。 clinic☆dr-otani.com (☆を@に置き換えてください)

2017年10月31日

性同一性障害GID治療に向けて

診療のご案内
自由が丘MCクリニック形成外科・美容外科・麻酔科

性同一性障害、性別に違和感がある方のための治療をお手伝いさせていただきます。
なにか困っている方は、遠慮なくご相談ください。

最終目標である戸籍変更(性別変更)までお手伝い致します。
心配なこと、わからないことはご気軽にご相談ください。
03−3717−3514<料金のご案内>

<メールでのお問い合わせ>
*治療・手術のこと以外の日時の予約などは以下のメルアドにお願いします。
clinic☆dr-otani.com(ご面倒ですが、☆を@に変えてメールください)

*治療や手術のやり方,プライベートなことに関しては、
医師から再度メールいたします。


初めての方
 今後自分がどのようにしたいのか?現在カミングアウトしているのか?
などの生活背景まで聞き、当事者とお話していきます。
 
「はたして自分は性同一性障害なのだろうか?」
「なにから始めたらよいか、わからない」
「知り合いは、ホルモン治療からしているけど」
「本当は、男ではないか?」「女ではないか?」
勘違いでない場合もあります。

*20才未満の方⇒治療には、親権者の承諾が必要となります。
ダウンロード→未成年用承諾書

*精神科医の診断書がない場合、初診より治療ができないのでご了承ください。
初診時より治療をご希望の方は、必ず診断書をお持ちください。


性別の変更まで考えている方は、性遺伝子検査を受けなくてはいけません。(遺伝学的検査に関するガイドラインに沿って検査いたします)

性染色体遺伝子検査をしてみると通常は、
男性であればXY
女性であればXX
です。
外見は、女性なのに遺伝子型は男性だったり、その逆の場合もあります。

まずは、お話ししてみましょう。
みなさん、ちょっとしたことで悩んでいる方もたくさんいます。
1回のカウンセリングで今後の方向性を見出だせるように、
クリニックから帰る時には少しでも解決のきっかけができるように努力します。

当院では、責任もって最初から最後まで、性別変更までできるように治療計画しております。

精神科学会が作成する「性同一性障害に対する治療ガイドライン」
に沿って行いたい方も、ガイドラインはない方も大丈夫です。
メリット、デメリットを交えご説明します。

           カウンセリング
             ↓
       精神科専門医による診断、診断書作成             ↓
           ホルモン治療
        定期的なホルモン濃度測定
           性遺伝子検査
             ↓
             MTF
           睾丸摘出
            豊胸術
            精子の冷凍保存
            脱毛など

             FTM                             
           胸オペ・乳腺摘出            
            乳首縮小
            乳輪縮小
             ↓
          海外提携病院への紹介
             ↓
          性適合手術(SRS)
             ↓
          家庭裁判所への戸籍変更申請

・精神科医をご紹介します。
当院嘱託精神科医がいますから安心していただけます。(精神保健指定医です)
・精神科医でない医師に診断書を書いてもらってはいけないということはありませんが、
戸籍変更までのことを考えると精神科を専門にしている医師に書いてもらうのが無難です。
・診断書の作成は、精神科医でないと海外では断られるケースが多いので注意してください。
・その他の精神科医にもご紹介可能です。

※現在当院では、精神科医の診察はしていないのでご紹介させていただいています。
平成22年6月まで岡先生に通っていただいた方は、引き続き岡先生で通院していただいています。

<当院でご紹介できる心のクリニック>
当院から電車(東急東横線)を使って15分程度での場所にあります。東急東横線武蔵小杉駅近。
⇒武蔵小杉J心のクリニック(岡先生)
山手線内の交通の便がいい方は↓、高田馬場駅より徒歩5分の
⇒早稲田通り心のクリニック(小栗先生)
中央線が便利
⇒はりまメンタルクリニック(針間先生)
千葉県の方は、
⇒あべメンタルクリニック(阿部先生)
横浜近郊にお住まいの方
⇒横浜メンタルクリニック戸塚(早馬先生)
などご紹介しています。
「まずは、診断を!」という方は直接行かれてもいいでしょう。
当院の名前を言っていただいても結構です。


女性化に向けて
男性化に向けて

まずは、ホルモン治療を希望するのか?
現在、すでにホルモン治療行っている方。

ホルモン治療薬は、海外通販で購入している人。
⇒本当に、大丈夫でしょうか?
当院でもホルモン治療薬を処方しています。
メインの治療としては、お勧めしていませんが注射の補助的な治療と考えてください。
費用は、海外通販と変わりないで安心を買うこともできると考えています。

まずは、ご相談をしてみてください。
clinic☆dr-otani.com (☆→@に変えてください)
来院時と帰る時、少し気持ちが変わっているように努力します。
行ってよかったと思うような・・・クリニックを目指します。

興味のある方は暇なとき読んでみてください。

美容整形医裏窓日記



〜当院からのアドバス〜
当院は、手術のみならず、戸籍変更の必要がある方は最後まで付き合わせていただきます。
他院において、手術だけして、精神科医の紹介もせず、その後のフォローも行わないクリニックがあります。
できれば一貫してすべての治療をおこなってくれるところを探しましょう。
仲介業者を使うときも術後のアフターフォローがしっかりしているか確認してください。術後のアフターフォローと言っても、相談するひとは医者ではありませんから注意が必要です。
とにかく様子見ましょうとスタッフとの電話のみが多いようです。困ったものです。

バラバラに治療をおこなって、最終的に困るのはご本人です。

中途半端に治療を投げ出された方も、まずはご相談ください。

☆手術・麻酔に関しても心配されている方も多くいるかと思います。
当院の安全への取り組みもお読みください。
→安全への取り組み

自由が丘MCクリニック
院長 大谷 伸久 

医師検索システム(厚労省)

P1080541.JPG

経歴
平成6年北里大学医学部卒
順天堂大学医学部研究員
国立国際医療センター麻酔科
→麻酔科標榜医
北里大学病院
大手美容形成外科クリニック(10年間)
→院長を歴任
現在自由が丘MCクリニック院長


資格など
医学博士
日本整形外科学会専門医
麻酔科標榜医
麻酔科認定医
金沢大学医学部非常勤
名古屋大学医学部非常勤
九州大学医学部非常勤
亀田総合病院乳腺外科非常勤

どんな感じで手術しているの?
d181.jpg

所属学会
GID性同一性障害学会員
日本麻酔科学会会員
日本臨床麻酔学会会員
日本整形外科学会会員
日本美容外科学会会員
日本美容医師会会員
日本再生医療学会会員

Twitter


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害<br><br><a href=http://rknt.jp/entry.php?in_id=gid777&id=gender&guid=on>GENDER*RANK</a><br><br><br><iframe src=
【関連する記事】
posted by 整形美人 at 23:21| Comment(4) | TrackBack(0) | 当院のご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月10日

性同一性障害の性別変更にはどのくらい時間がかかる?

この手の質問も多く受けますが、その家庭裁判所によりますし、同じ裁判所内でも担当する裁判官が違うためケースバイ・ケースです。


当院に来ている方々の申請を見ていての一般的なことを記載しておきます。


性同一性障害gidの性別変更は、「性同一性障害の性別の取り扱いの特例に関する法律」を基に行われます。必要な書類で一番大切なのは、診断書になります。


この診断書は、2名の医師の署名があるもので、以前にもらっている簡単な様式の診断とは違います。たまに、1枚のペラの診断書を裁判所に提出する方がいますが注意しましょう。


さて、家庭裁判所に提出してからですが、申請(申し立て)後、約1〜2週間で呼び出され、裁判官による審査がされます。
東京家庭裁判所.jpg
東京家庭裁判所


許可が下りるのは、家庭裁判所次第ですが、その日に許可がおりる場合もあるし、1〜3週後、場合によっては、呼び出しなく許可が下りる場合もあります。


傾向的には、性同一性障害gidの性別変更の手続きをあまりしたことがない家庭裁判所は不慣れなためか時間がかかることが多いようです。その点、gidの申請を多くしている首都圏は早い傾向にあります。


診断書、その他の書類に不備があると再提出や追加書類の提出を求められます。そもそも戸籍変更の要件を満たしていない場合は、却下されてしまいます。


なにか手続きに困ったことがあれば、お知らせください。

・・・・・
いつも読んでいただいてありがとうございます。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害へ

posted by 整形美人 at 12:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 性同一性障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月15日

FTMの男性ホルモン治療開始後の「物忘れ」の謎!?

FTMの男性ホルモン治療を始めると、すべての人ではないのですが、「最近、物忘れがひどくなった・・・」という声がしばしば聞かれます。


原因は何でしょうか?男性ホルモン治療の前後になにか変わったことをしたこともないし、薬なども飲んでいない。確かに、中年であればありえますが(自分?)、年を取っているわけでもない若いFTMです。


男性ホルモンを規定以上に注射すると、脳が萎縮(小さくなる)ことはあるそうですが、もちろんガンガンは打っているはずもなく、理由はわからず・・・。

診療でこの質問を何人かにされても、答えることができなくて・・・質問された方!この場を借りてすいません。


で、最近の医学論文で、FTMのことではないのですが、閉経後の女性(生物学的な)は認知能力や記憶力が悪くなるという報告がありました。


理由は、閉経後にエストロゲン(女性ホルモン)がなくなるからだそうです。ということは、このように考えられるのではないでしょうか?


あくまでも仮定ですが、男性ホルモン治療を始めたFTMは、男性ホルモンが優位になり、当然、卵巣の機能が落ちてきます。これは、卵巣からのエストロゲンが分泌されなくなるということです。血液検査をすると、エストロゲンはほとんど分泌されていないことがわかるでしょう。これで女性らしさがなくなっているわけです。


このことから、FTMの男性ホルモン治療開始後の「物忘れ」は、もしかして、エストロゲンがなくなってしまったことによるのかもしれません。


ただ、男性ホルモン開始して、しばらくすると、そんなに物忘れしなくなるそうですが、これは、脳がのその環境に慣れてきたからだけなのかもしれません。医学書などにも書いていません・・・謎ですね。


・・・・・
いつも読んでいただいてありがとうございます。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害へ


posted by 整形美人 at 21:51| Comment(1) | TrackBack(0) | FTMの男性ホルモン治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする